MRIやCTを用いた精度の高い検査「興村脳神経外科クリニック」

生活習慣病

興村脳神経外科クリニックHOME > 生活習慣病

生活習慣病

生活習慣病とは、主にご自身の生活習慣が原因で発症する病気です。
食生活やライフスタイルの多様化にともない、高血圧症や脂質異常症、糖尿病などの生活習慣病が増えています。
また、生活習慣病は無症状な事が多く、病気が進むと様々な合併症を引き起こします。
特に脳卒中、心臓病などの重篤な病気のリスクが高まります。
当院では、生活習慣の見直しやアドバイスをはじめとした、個々の患者様にとって適切な診断と治療、あわせて生活習慣の管理を行います。

高血圧症

血圧は、心臓から送り出された血液が、血管を通るときに血液壁にかかる圧力です。
心臓が収縮して、血液を押し出した瞬間が最高血圧、収縮後に拡張したときが最低血圧で、高血圧とは、血管に強い圧力がかかっている状態を指します。
血圧が高い状態が続くと、血管が硬くなりひいては動脈硬化へとつながり、脳卒中や心臓病などの合併症の引き金となるため注意が必要です。

脂質異常症

少し前までは高脂血症と呼ばれていました。 血液中の脂質(コレステロールや中性脂肪)が多い為に引き起こされる疾患です。
コレステロールは、身体に必要な成分ですが、必要以上に増えすぎると血管や組織を傷つけ、動脈の壁にくっついて血管を硬く狭くしてしますので、脳梗塞や心筋梗塞などの引き金になります。

糖尿病

インスリンの分泌や働きが低下することで、血液中のブドウ糖(血糖)が増え、高血糖の状態が続く病気です。
膵臓から分泌されるインスリンというホルモンが、血液中のブドウ糖を細胞の中に取り入れる役割を果たしていますが、このインスリンの量が不足した り、働きが悪くなったりすると、ブドウ糖が細胞内に取り込まれなくなり、血液中のブドウ糖濃度(血糖値)が高くなってしまいます。
糖尿病網膜症、糖尿病腎症、糖尿病神経障害などが糖尿病の合併症として古くから知られていましたが、最近になり糖尿病は脳卒中や心臓病の危険因子としても重要と考えられています。

PAGE TOP