吉川市 興村脳神経外科クリニック MRIやCTのご紹介

検査機器 MRI CT

興村脳神経外科クリニックHOME > 検査機器(MRI・CTなど)

種々の医療設備による高度な検査が可能です

MRIやCTなどの高度な医療機器用いた精度の高い検査により頭部外傷の診断・外来処置、脳卒中の診断・外来治療など脳神経外科一般の診療を行います。このような精度の高い検査を受けることの意義について検査前に充分に説明したいと思っています。

MRI 磁気共鳴画像装置

MRI (Magnetic Resonance Imaging)とは、磁力によって、精度の高い検査ができる画像診断装置です。検査による危険はなく小さな脳卒中の診断にも有用です。放射線被曝の心配はありません。

検査方法

当院では最新のオープン型MRI装置を導入しています。
従来型MRIに比して開放性に優れ、閉塞感から来る患者様の苦痛を大幅に軽減しています。
また検査時の騒音も小さくなっていますので20分から30分横になっているだけで安心して検査が受けられます。
検査時は金属類(時計や指輪など)を全て外してから行います。
心臓のペースメーカーなど体内に金属がある方は検査が受けられないことがあります。

CT コンピュータ断層撮影装置

CTとは、X線管球が身体の周りを回転して、その情報をコンピュータ上で解析し、画像を作り出す診断装置です。
わずかな放射線被爆はありますが、迅速な検査が可能で、出血性病変、頭部外傷の診断に有用です。

検査方法

当院ではマルチスライスCTを導入しています。
そのため撮影時間を短縮できます。
MRIより検査時間が短いため長い時間の安静がやや困難なお子様にも受けていただける検査です。

case1

頸動脈エコー

頸動脈エコーは頸動脈の動脈硬化の度合いを調べ、脳梗塞のリスクを評価する検査です。非常に安全な検査です。

検査方法

椅子に座った状態または仰向けに横たわった状態で、首の部分にエコー(プローブ)をあて行います。

case2

その他

一般のレントゲン撮影や心電図検査、血液検査も可能です。

PAGE TOP